NPI Reportの概要

NPI Report サービス実施の背景

流通現場においてPOSデータの有効活用ができていない

小売業・卸売業・メーカーでは、店頭及び市場(地域)の販売動向に基づき、消費者のニーズ・消費者視点に合わせた売場計画を立てることが重要です。それには、市場POSデータの分析が有効です。

しかし、高額な市場POSデータを購入してみたものの、“分析の仕方が分からない”、“分析結果からどのようなアクションを取ればいいのかが分からない”といった声が聞かれるのも事実です。

実際に、安価にかつ簡易にPOSデータを提供するサービスを試行提供したところ、中堅メーカー、流通業を中心に、予想を上回る利用やサービス継続への要望が数多く寄せられました。

これからの流通業には、企業の規模を問わず、『消費者視点で売場をつくる』『製・配・販が協働でマーチャンダイジングに取り組む』ことが必要です。

そこで、流通経済研究所は、「安価で」「簡単に」「使える」POSデータ分析サービスとしてNPI Reportを提供いたします。

NPI Reportは、簡単に、安価にご利用いただける市場POSデータの分析サービスです。
NPI Reportでは、分析システムだけではなく、市場POSデータ活用の方法についても、マニュアルやセミナーを通じてご提供していきます。

NPI Reportの特徴

NPI Reportは既存サービスにはない、以下の特徴があります。
データの提供から具体的な活用方法までトータルパッケージとしてご提供します。

これまでのPOS分析サービス NPI Reportの特徴
  • 値段が高い
  • 欲しくもないカテゴリもついてくる
業界最安水準
  • 1カテゴリ2万円から、ご覧になりたいカテゴリだけをご利用できます
  • 初期費用無料
  • 使い方が分からない
  • 結局誰も使わなくなった
活用サポート
  • 流通経済研究所がこれまで流通現場で培ってきたノウハウをベースに、研修プログラムを提供します
  • 操作が難しい
  • 慣れるのに時間がかかる
簡単に使える
  • NPI ReportはWeb上で「簡単」に「素早く」、「直感的な操作」で分析可能です

NPI Reportの活用シーン

NPI ReportはPOSデータの活用を通じて小売業、製造業、卸売業といったバリューチェーン全体に貢献し、製・配・販の協働MDを促進します。

対象ユーザ 活用シーン
小売業様
  • バイヤー担当
  • PB開発担当
  • 導入商品、カット商品の検討
  • 定番売価、販促価格の検討
  • 販促の検討(時期・内容)
  • 棚割りの検討(陳列場所・フェイス数)
  • 商品営業/品揃え提案
  • 新商品/PB開発
  • 市場動向の把握、売れ筋の把握
卸売業様
  • 営業/営業企画担当
  • マーケティング担当
  • 製品開発担当
製造業様

NPI Reportのデータ概要

NPI Reportのデータ概要は以下の通りです。
提供店舗数は随時増加する予定です。(各種小売様と提携交渉中です)

分類 データ内容
データ提供元 全国約450店舗のスーパー、GMS、ドラッグストアのPOSデータ
※店舗数は今後順次拡大予定
分析内容
店舗属性
  • 地域別: 北海道、東北、関東、京浜、北信越、東海、近畿、中・四国、九州
  • 店舗規模別(売上規模・面積)
  • 酒・たばこ取扱有無
  • 営業時間
  • 業態(スーパー、GMS、ミニスーパー、ドラッグストア)
対象カテゴリ 食品、日用雑貨を含む最寄品 500カテゴリー以上
※ただし、生鮮食品・惣菜を除く
※NPI Reportにおける商品分類はJICFS分類を採用しています

ご利用環境

インターネット環境をご用意いただき、ブラウザから簡単にご利用いただけます。
システム要件:
OS:Windows Vista / 7 / 8
メモリ:1GB以上(推奨)
ブラウザ: Microsoft Internet Explorer 8, 9, 10, 11, Mozilla Firefox 4.0以上, Apple Safari 4.0, 5.0
ソフトウェア:Adobe Acrobat 7以上,Microsoft Excel(2003以上)