シリーズ:

第4回 アルコール飲料 主要カテゴリーの売上(地域間比較)

コラムの第1回で取り上げたように、スーパーマーケットの売れ筋商品の顔ぶれは、地域によって異なっています。第1回では売上が上位の単品(SKU)について、京浜と九州で比較しましたが、第4回では、アルコール飲料の主要なカテゴリーを取り上げ、地域によってスーパーマーケットで売れているカテゴリー(JICFS細分類)にどのような特徴があるかをみてみます。

下図は、全国6地域のスーパーマーケットにおける、2015年11月の、アルコール飲料の売上金額に占める、各カテゴリーの売上金額構成比を地域間で比較したものです(※)。なお、新ジャンルと呼ばれるビール系飲料の多くは、「リキュール類」に含まれています。

20150119_01

図:アルコール飲料の売上に占めるアルコール飲料の主要カテゴリーの金額構成比(2015年11月)

いずれの地域にも共通してみられる特徴は、「ビール」と「リキュール類」の構成比が高いことで、どの地域でも2カテゴリー合計で40%前後に達しています。中でも北海道では45%以上と特に高くなっています。その他のカテゴリーで目立つのは、何と言っても九州における「焼酎(乙類)」の突出して高い構成比でしょう。なんと、約25%を占めています。コラム第1回でみたように、『黒霧島』などの芋焼酎が単品レベルでみた売上の上位に入っていますが、カテゴリーとしてみた場合でも「焼酎(乙類)」の人気の高さが際立っていることがわかります。他には、「果実酒」は京浜、「清酒」は北陸・甲信越と東北で、他地域よりも構成比が高くなっています。

このように、カテゴリー(JICFS細分類)別の売上金額構成比を地域間で比較することで、単品レベルの売上ランキングだけではわからない、各地域における消費者の嗜好の特徴を、より明瞭にみることができます。スーパーマーケット各店舗は、地域の消費者の厚い支持を得ているカテゴリーを強化することが必須なことは言うまでもありませんが、他地域ほどには消費者に浸透していないカテゴリーについても、カテゴリーの良さを店頭で訴求することで試用購買(トライアル購買)を促し、需要を創造していくことが重要になっていくでしょう。

※ここでは、NPI Report の2015年11月のPOSデータで、「ビール」、「リキュール類」、「その他雑酒」、「発泡酒」、「焼酎(甲類)」、「焼酎(乙類)」、「清酒」、「果実酒」、「スピリッツ」、「ウイスキー」の合計売上金額をアルコール飲料の売上金額と定義し、各カテゴリーの売上金額構成比を算出しています。なお、「その他雑酒」、「発泡酒」、「スピリッツ」、「ウイスキー」は図には掲載していません。また、NPI Reportでは全国を9地域に分けていますが、上図には6地域を抜粋して掲載しています。

 


「NPI Report」では、このシリーズコラムで取り上げているような単品やカテゴリー売上の地域間比較を始め、売上トレンドや地域ごとの平均販売店率(配荷率に相当)などを、簡単な操作で出力することができます。小売業の方は、品揃えの妥当性や地域における優位性などを検討する際に、メーカーや卸売業の方は、小売業に対して地域における販売動向をふまえた営業提案をおこなう際などに、広くご活用いただける市場POSデータ分析サービスです。ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。